会社の〝宝物〟


皆さん おはようございます!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

「またやってしまった・・・」

「またか・・・俺は一体何を」

朝日に向かって

涙を流し

自分の行いに深く後悔する男

 

その脳裏には、昨日の出来事が鮮明に浮かび上がってくる

 

太い麺

ピリ辛で濃厚なタレ

厚切りのチャーシュー

 

その魅力的な彼女の名は、

 

「エビまぜそば(限定10食)」

 

彼女の魅力に取り込まれ、

真夜中の10時を過ぎているのにも関わらず

帰りのラーメン屋に入り

超炭水化物を食べてしまった男

 

しかし〝次回トッピング無料券〟をもらうことで

悲劇は繰り返される・・・

 

やはり男は弱い動物なのだと

心から思った43才の初夏であった。

 

おわり(失礼しました)

 

さて、今日の気づきです。

↓↓↓

 

昨日でコンサルタント契約をしている会社様との契約が終了しました。

 

僕のMAS(経営管理コンサルティング)は長くて3年での終了します。

そうしないと、お互いの集中力が続かないと思っているから。

 

まだまだ課題はありますが、

正直もう会社自体でやっていくことはできます。

 

そして営業会議終了後にスタッフの方々から温かい言葉を頂きました。

 

「最初は堅そうだったけど面白くない話で場を和ませてくれた」

「厳しい言葉の中にも温かみがあった」

 

他にも色々言っていただき、

正直泣きそうになりました(笑)

 

業績を変えることにひたすら集中する

 

でも会社なので、良い時ばかりではありません

悪い時にどうやって支えていくのか?

そう自問自答した3年間でした。

 

でも、契約が終るときに思ったのですが、

本当に素晴らしい会社だった、人達だったということです。

 

「僕の本当の役目は会社の〝宝〟を探し出すお手伝いをすること」

 

最後に社長からお言葉を頂いてそれに気づきました。

 

〝宝〟が見つかるから、

会社(スタッフそれそれ)が自己の成長を信じることができるのだと思います。

 

自分たちを信じることができるから目標を高く持てる

目標を設定できるから多くの行動ができる

多くの行動ができるから、結果が出る

 

言葉にすると当たり前かもしれませんが、結構難しいことです

 

多くの会社が目の前の業績に苦しんでいると思います。

 

そんな時ほど自社の〝宝〟を見つけることに集中してみてはどうでしょうか?

 

「あ? 彼はこんなこともできるのか」

「彼女がいてくれるから、仕事がスムーズに流れるのか」

「うちの商品って結構品質いいよな~」

 

いつも言っていますが、〝無いもの〟を渇望する前に

〝あるもの〟に感謝する

 

ビジネスモデルや商品開発の前に

本当にやるべきことをやるだけで

中小企業って大きく変わる要素は持っているのですよ。

 

以上、今日の気づきでした、

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

▶▶▶『ブレイクポイントを創造しよう!』
▶▶▶『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

関連記事

  1. 孝を基にする

  2. 自分を作り上げる食事

  3. 鏡の法則の使い方

  4. 今ある資料で実はこんなことも!

  5. 税理士を替えるということ

  6. 御縁を繋ぐ

PAGE TOP