節約家は賢明に使い、ケチは拒む

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

今日は税理士会の会合があるため

税務調査はお休みです。

とは言うものの、宿題をたっぷり出されたので、

明日までになんとか整理したいと思っております。

あと週明けから再開しますが、あと2日なんとか耐えられるか・・・

週末充電して、がんばります!!


今日のテーマは「節約家は賢明に使い、ケチは拒む」です。

この仕事をしていると、結構この言葉に考えさせられることがあります。

 

ちなみに節約家とケチは、一見似ている言葉ですが、実は微妙なニュアンスの違いがあります。

 

節約家は、「無駄を省いて出費を減らすこと」、

ポイントは、「無駄を省く」というところですね。

 

例えば、以下のような行動が節約に該当すると思います。

 

食材を無駄にしないように、必要な量だけ買い物をする

家計簿をつけて、無駄遣いを減らす

 

あとは、節約家は、将来の目標達成のために、

計画的に出費を減らすというポジティブなイメージがありますね。

 

何かしらの目標に向けて、賢くお金を使うという意識が根底にあるからだと思います。

 

一方、ケチは「むやみに金品を惜しむ人」というイメージです。

 

必要最低限のものしか買わないというネガティブなイメージですね

(正直、あまり付き合いたくないですが・・・)

 

ケチな方の行動には、

無料のものばかりをもらおうとする、

人から奢ってもらおうとする、

値引き交渉ばかりするなどがあります。

 

こんな行動を見ると皆さんも首をかしげたくなると思います。

 

ちなみに上記の行動は確実に人間関係を悪化させます。

 

このように、節約家とケチは、お金を使う目的や意識に大きな違いがあると思います。

 

ただ、節約家の方の生き方は自分自身の生活を豊かにするだけでなく、

将来の目標達成にもつながります。

 

一方、ケチは自分自身の利益ばかりを優先し、周りの人の生活を豊かにするとは限りません。

 

節約とケチは表裏一体の関係にあります。

 

必要なところを節約し、無駄なところにお金を使うことが、

賢くお金を使うコツですよ。

 

最後にお金も大事ですが、心も豊かな人間になりたいですね。

ブログを通じて、これからも色々な思考や情報を共有していきたいと思います。
皆さんもぜひ、日々の生活の中で多角的な視点を持つことの大切さを感じ取っていただけたら幸いです。


 

「May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy」

関連記事

  1. 正論は相手を理解してから

  2. 『伝えること』と『伝わること』

  3. それに向けて鍛え上げたものは

  4. 〝公〟の意味

  5. 制約条件は解除の対象

  6. スマホ依存症

PAGE TOP