自分と言う商品

みなさん!おはようございます、一宮の税理士 岡田糧です!!

今日は事務所の忘年会

こうやって振り返ると1年はあっと言う間ですね。

今年もスタッフの行きたいお店にしているのですが、

100%僕の行きたいお店と重なることはありません(笑)

今年は魚らしいです!

でもまあ、スタッフには本当に感謝しています。

自分が最前線で仕事ができるのも

バックヤードで、 僕が一番仕事がしやすい状況を作り出してくれているからです。

帳簿入力についても

報連相についても

本当に僕のことを考えて行ってくれています。

本当に感謝ですね。

そうやって考えると、そんなありがたいスタッフたちのためにも

もっと働きやすい環境を作っていきたいと心から思います。

スタッフが家族に誇れる会社になってくよう

来年も頑張りますよ!

って、まだ半月ありますか!(笑)

 

さて、今日のテーマは「自分(自社)と言う商品」です。

 

昨日は、2年前に参加していた〝目標管理〟の研修仲間と忘年会でした。

毎回会うたびに、自分の努力の足りなさを痛感する会ですが、

今回も非常に大きな学びとなりました。

会の最後に、それぞれの〝強み〟を言い合うときがあったのですが、

自分自信うっすら分かっているけれども、中々言葉にできない部分を

綺麗に整理してもらった感じです。

ほとんどの人が自分の〝強み〟はわかりません。

そんな時には、できれば自分に近い人間にジャッジしてもらうのが良いと思います。

できればそれは目上、目下両方の側面から行ってもらう、

ちなみに昨日言われた僕の強みは

1、数字に対して正直(事実を隠さない 現実を直視させる)

2、税理士の中でもっとも経営者に近い存在(目線が高く、経営者を刺激できる)

勘違いしないで頂きたいのですが、僕が自分で自画自賛しているわけでは

決してありませんよ!

言われたことです! いや本当に!

まあ、それは冗談ですが、

こうやって改めて言われていることは、

実際にお客様からも言われることです。(自慢ではございません)

これが自分と言う商品の特徴です。

税金を抑えることができますよ

税務署対策はお任せください

すごいスキーム持っていますよ!

ではなく、

事実(現実)突きつけて、そこから大きく成長してもらえるように刺激する

まあ自分で言うとこんな感じですね。

どんな仕事にも①基本機能と②付加機能があります。

①基本機能は同じ職業なら皆一緒ですが、

②付加機能はそれぞれ異なります。

税理士なら①基本機能が、税金の計算、申告書の作成、税務相談

そして僕の②付加機能は先ほど言った強みの部分

「事実(現実)突きつけて、そこから大きく成長してもらえるように刺激する」

そしてその〝自分〟という商品を最も高い価格で買ってくれるターゲットを探す。

これがマーケティングの基本です(偉そうですが)

もちろんこれがすべてではありませんが、

そもそも商品の定義づけ自体ができていない中小企業も多いと思います。

自社の商品の定義づけをしたら

一体どうなるのか?

そこを明確にすることが、営業戦略の第一歩ですよ!

それでは今日も絶好調で生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
■ 発行者 プロフィール ■
岡田 糧

株式会社クラウドナイン・コンサルティング/代表取締役
岡田糧税理士事務所/代表税理士
2001年 税理試験合格
2003年 税理士登録
2009年 顧問先600件超の税理士法人代表就任
2012年 中小企業を本格的に支援するために独立開業
2015年 第1回経営支援倶楽部全国大会 営業部門・指導部門 優秀賞
株式会社クラウドナイン・コンサルティング設立
2016年 第3回経営支援倶楽部全国大会 指導部門 最優秀賞(MVP)
第4回経営支援倶楽部全国大会 指導部門 最優秀賞(MVP)

売上高40億円の企業から4000万円の個人事業主の財務改善を手助けする。
情熱的且つ論理的な指導で社長と会社を次のステージに導く

〒491-0858
愛知県一宮市栄4丁目7-17 フ゛ルックスキューフ゛2号
TEL:0586-85-8327
e-mail :okada-tao@vesta.ocn.ne.jp
HP:http://cloud-9.biz/

【人と組織の成長を加速させる】ブログ毎日更新中!
http://cloud-9.biz/blog/
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

関連記事

  1. 夢ってありますか?

  2. 不安と不満

  3. やるべきことは300%

  4. 1日を無駄なく目標に結びつけること

  5. 未来のための礎

  6. 自社の商品を考える

PAGE TOP