通帳の本数、多くないですか?

皆さん、おはようございます!

一宮市で税理士をしている、岡田 糧(オカダリョウ)です。

 

「鬼滅の刃」最新刊(22巻)発売されましたね(笑)

いや~ 鬼舞辻無惨との戦いはどうなったのでしょうか?

ん? 興味が無い?

いやいやいやいや

騙されたと思って読んでください

アニメ(Amazonプライム)の方がおススメですが、

 

一度その世界に触れてください

もう、とにかく面白いです

この興奮は高校生の時のドラゴンボールで例えると、ナメック星編に匹敵します(笑)

ちなみに最新刊は昨日、次男が買ってきてリビングに置いてあります。

「へ~ お父さん 読まないの?」

そんな挑戦的な視線を感じますが、

好きなものは最後に取っておくのが僕の信条

今月の繁忙期が終って、

来月の連休まで、我慢します

・・・たぶん(汗)

 

 

さて、、今日のテーマは〝通帳の本数多くないですか?〟です。

たまには、税理士ですので、会計についてお話します(笑)

ほうほう

通帳ですか

通帳の記入の仕方でお金が溜まるのですね?

そんな疑問が思い浮かんだ貴方!、

うーん 近い!!

逆ですね、通帳の本数が多いほど、お金が溜まりにくくなります

これ、実際に通帳管理している人ならわかると思いますが、

「ん? 結局うちの会社今、お金いくらあるんだっけ?」

「あそこの通帳から今月いくら引き落とされるのか?」

複数(3本以上)銀行預金がある方なら、

理解していただけると思います。

銀行預金が多すぎると、管理しきることができません。

 

特に売上高(絶対ではありませんが)1億円未満なら、

メイン通帳は1本に絞った方が絶対に資金繰りは安定します。

しかし、借入先が増えた

手数料が

支店が近いから

担当者(銀行の)がいい子だから

そんなかんなで、預金通帳は増えていきます

(一部体験談です)

しかし、これがやっかいの種

結局は管理しきれなくて、相互に残高を確認して

銀行間の資金移動を月に何度もやらなければならない

お金の流れはシンプルが一番です。

実は若干の手数料や金利は二の次です。

通帳の残高 = 運転資金

頭の中から余分な思考(資金管理)を無くすだけで、

脳内CPUは経営のもっとも重要な部分に集中しますよ

なかなかお金が溜まらない会社は

一度、預金通帳の本数と中身を見直してはいかがでしょうか?

 

それでは今日も素晴らしい一日をお過ごしください(^^

皆様に幸せな、良いことがありますように!

関連記事

  1. 開業時ほど数字に慣れましょう

  2. 集中するから改善が生まれる

  3. 敵を作っても

  4. 異なる価値観

  5. インプットは多い方が良い

  6. 奇貨居くべし

PAGE TOP