正論を伝える前に


皆さん こんにちは!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

昨日はふと京都に行って参りました。

 

まあ、清水寺みたいなメジャーどころではなく

「広隆寺」

国宝の弥勒菩薩像が展示されているところです。

 

弥勒菩薩像は、

非常の穏やかな表情で、

観ていて、不思議な感覚に見舞われました。

 

心の中が静かになってくる感じですかね。

 

うまく説明できませんが、

色々雑多なことで

目の前のことしか見ていない自分に

立ち止まって考えるよう

言われている感じがしました。

 

まあ、第六感的なものではないかもしれませんが、

最近は大きな流れの中にいるのがわかるので、

そんな感覚を大切にしたいと思います。

 

ちなみに、昨日は祇園祭だったのですね・・・

 

タクシーに乗って初めて気づきました(笑)

 

さて、今日の気づきです。

↓↓↓

 

太っている人が

「運動して、やせた方が良いよ」

と言われることは、少なくないと思います。

 

少し偏見かもしれませんが・・・

 

ただ、言う方は善意で言っていることの方が多い

 

しかし、それは聞き手からすれば

単なる〝大きなお節介〟でしかない

 

皆さんも同じことってありませんか?

 

〇〇した方が良いよ!

 

確かにそうかもしれないけれども

人には「できない理由がある」と言うことです。

 

そこを理解せずに、正論だけ言っても

相手は全く受け入れないでしょう。

 

もちろん。強制的に前に進めてあげることができれば

良いのですが、大概は反発を食らってしまう。

 

家族も

スタッフも

お客様も

 

相手の状況をまず理解し

抱えているハードルの解除法を考える

 

そのうえで正論を伝えることが本当に相手のことを想うことだと

最近になってようやく気づきました。

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

▶▶▶『ブレイクポイントを創造しよう!』
▶▶▶『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

関連記事

  1. 上を向いて歩こう!

  2. 灯台下暗し

  3. 実際の貨幣量は10%

  4. 〝変る〟とは?

  5. 凹凸と同じ

  6. 受け手はどう感じるか?

PAGE TOP