Time is on My Side

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

今日は所属する東海税理士会の年に一度の定期総会で

四日市市に来ております。

 

初めて近鉄で四日市駅に来たのでちょっとした旅行気分ですが、

定期総会はどんな質問が来るかが結構不安なので、

無事終わってほしいものです。

 

ただ、四日市に来た以上は、

名物の〝とんてき〟を食べて帰りたいのですが、

さすがにランチでニンニクたっぷりの料理を食べるわけにはいかないので、

夕食かなと思いますが、

懇親会があるとかないとかの、噂を聞いたので、

飲み会嫌いの僕としては

今からどう脱出するかかを考えております(笑)

 

気分はルパンにようですが、

今回ばかりは部長(銭形警部)の目が光っているので

逃げられないかもしれません・・・

とんてき食べたかった(涙)


さてさて、今日のテーマは「 Time is on My Side 」です。

僕のような個人の税理士事務所の場合、

お客さんの対応をし、

申告書を作り、

雑務をこなし、そして営業も行います。

 

しかも今は税理士会の役職までやっています。

 

何が無駄というわけではないですが、売上に繋がる仕事の時間は全体の10%程度でしょう。

 

先日、友人の税理士と食事をしたときに、彼の売上が非常に上がっていると聞き、

「すごいね、どうして?」と思わず聞いてしまいました。

 

すると彼は「それだけやっているから当たり前だよ」と当然のように言いましたが、

確かに選択と集中は重要です。

 

彼は売上(営業)だけに集中しているから結果が出やすい。

 

もちろん、優秀な彼の能力もありますが、

自分自身、色々なことに時間が分散していて営業活動に集中できていなかったことも事実です。

 

まぁ個人事務所だからしょうがないかなと思っていますが、

それでも皆スタート時点は同じ。

 

その中で、より営業時間のウェイトを増やすための努力をする。

 

今ならスタッフの生産性、そして僕の生産性を上げることで時間を作り出す。

 

ITを活用して仕訳入力の時間を減らし、僕自身の仕事をなるべくスタッフに振る。

 

そうすると、その空いた時間に営業活動の時間を取ることができる。

 

もちろん、そこで爆発的に売上が変動するとは思いませんが、そういった努力は続ける必要があります。

欲しい結果に集中する。

 

そのために行動を変えていく。

 

当たり前の話ですが、その当たり前ができない人間が、もちろん僕も含めて多い。

 

改めて自分の課題に集中すると、情報が入ってくる重要性に気づきました。

 

「成果を出すには、重要なことに集中し、それを完遂する能力が必要である。」

ピーター・ドラッカー:

ブログを通じて、これからも色々な思考や情報を共有していきたいと思います。
皆さんもぜひ、日々の生活の中で多角的な視点を持つことの大切さを感じ取っていただけたら幸いです。


「May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy」

関連記事

  1. 名はただの符号に過ぎないが、導く光ともなる

  2. 異なる価値観

  3. 仕事ができる人って?

  4. 条件を設けること

  5. 次のために

  6. スノーボウルエフェクト

PAGE TOP