どこで花を咲かせるのか?

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

昨日1月22日は〝カレーの日〟らしいです。

 

トヨタのナビが教えてくれました(笑)

 

と言うことで、お昼はお世話になっているお客様夫婦と一緒に

CoCo壱番屋に行って参りました。

 

ただ、ここでトラブルが(汗)

僕が頼んだ2辛が間違って社長のもとに

いつもトッピングは一緒なので、見た目は変わらないから

社長が食べ始めたのですが、途中で涙目になっている

途中で気づいたのですが、もう後の祭り・・・ ちゃんと確認すべきですね。

 

ちなみに、CoCo壱番屋の裏メニューで2辛2甘というものがあり、

これは味に深みがでて、おススメですよ。

 

さて、今日のテーマは「どこで花を咲かせるのか?」です。

 

先日カンブリア宮殿で日本代表監督の栗山監督の特集が組まれていました。

 

あまり野球に興味のない僕は失礼ながら存じ上げていなかったのですが、

指導方法の素晴らしさに感動しました。

 

選手を信じてあげる

選手が打てなかったときは、指名した自分が責任も一緒に取る

 

最近子供が受験で、心配しているのですが、

子供を信じてあげること

できると信じ続けることの大切さを教えてもらった気がします。

 

ただ、この栗山監督は野球選手としては決して輝かしい成績を残したわけではなく

どちらかと言えば、人知れず現役を引退していった感じです。(知っていますよね)

 

しかし、その後は本流から外れた道でコツコツと努力は続けてきた。

 

日本ハムの監督になった後は皆さんご存じだと思いますが、

やはり、この望んでいない道にいる苦しさは小さくないものです。

 

その中でも、自分に与えられた仕事を全うし続ける。

 

現実と向き合い、できることに集中する。

でも集中できずに腐ってしまうのは、この「本流」という概念に囚われているからかもしれません。

 

本流とはとても相対的なものです。

 

社会的な期待や伝統的な価値観に縛られて、

自分らしい生き方を実は見失っているのかもしれません。

 

本流から外れた道を歩むことは、決して簡単な選択ではありません。

しかし、その道が私たちにとって真の意味での「自分の道」であるならば、

それは最も価値のある旅となります。

 

〝今〟に集中し、一歩一歩を確実に進んでいくこと。

 

そうすることで、どこであれ、自身の花を咲かせることができるのではないでしょうか。

 

 

May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 器の大きな人間になりたい

  2. 気づかない仕事

  3. 目標達成と覚悟の関係

  4. メモの重要性

  5. 余計なものは置かない

  6. 20年前のある日・・・

PAGE TOP