楽して儲けたいですか?

皆さん、おはようございます!

一宮市で税理士をしている岡田 糧(リョウ)です。

昨日は良いことがありました(笑)

スタッフさんからの差し入れです!


ちょっと疲れていることを心配して

スターバックスで買ってきてくれました。

本当に感謝です。

ただ、ふと思ったのが自分はちゃんとスタッフさんのことを

気にかけているのか?

働きやすい環境なのか?

 

今の悩み事を理解しているのか?

 

経営者は自分の気持ちを理解してもらうより

社員さんやお客様の心を理解できる人間であれと

独立時にお師匠に言われました。

 

数年たっても、亀の歩みの如くの成長ですが、

目の前の人たちに思いを寄せられる経営者になれるよう今日も頑張りたいと思います。

 

さて、今日のテーマは〝楽して儲けたいですか?〟です。

僕もこの質問があると正直に

「はい!」

と答えてしまいます(汗)

 

しかし自分が税理士として日々様々な経営者、

ビジネスモデルに触れる中で

そんな簡単なことは〝絶対に無い〟と言えます。

 

そして誤解を恐れずに言うと

このコロナで業績が悪くなった会社で

上記の考え方を出してくる方は少なくありません

 

「これやったら儲かるかな?」

「なんか良い補助金とかないの?」

簡単に儲かる、お金を稼げる方法ばかり探す

 

もちろん効率的な経営は大切です

でも、そこにだけ意識を集中し過ぎて、

本来やるべき自社の強みを改めて鍛え直すような行動が

伴わないのはとても危険な事だと思います

 

先日、香川照之さんが出演しているトヨタイムズの動画を観ました。

名古屋にある雨具の会社さんが、医療用防護服を大量生産するために

トヨタ自動車の指導を受けるというものです。

 

小さな改善の繰り返しで、結果として数十倍まで生産量が増えたそうです。

(すごい)

もちろんトヨタ自動車さんの現場改善のノウハウは凄まじいものですので、

同じようにできるとは思いません

しかし、小さな改善を繰り返すことはできます。

 

今日も1歩 明日も1歩・・・

コロナが広がり、経営がかなり苦しいところも多いと思います

しかし、目先の簡単なものばかりを追うのではなく、

苦しくても、その先も見据える

要はバランスです。

はっきり言いますが、目先の利益を追ってばかりでは

会社は伸びませんし、逆に儲かりません。

そして全社一丸となって、業務改善に集中する

社長だけがやらない

そのために率先垂範していく

儲かる話は外にはなく、実は社内にある

まずは、足元を見直してはいかがでしょうか?

それでは今日も素晴らしい一日をお過ごしください(^^
皆様に幸せな、良いことがありますように!

関連記事

  1. 両親の愛情こそ、自己信頼の源泉

  2. 本当に欲しいもの

  3. 研修講師として

  4. 憧れの人とのギャップを埋める

  5. 書類整理と事業の発展

  6. 柔軟性

PAGE TOP