経営と数字を結びつける

みなさん!おはようございます、一宮の税理士 岡田糧です!!

昨日は終日、外回りでした。

年末調整の資料回収で、西に東に大陸間大移動!(大袈裟な)

一宮 → 大垣 → 岐阜 → 各務原

もう地元しかわからない流れですね(笑)

ただ、こんなことばかりやっているので、

年間の車の走行距離が2万キロを超えるのです!

昨日車検で言われたのですが、3年間で7万キロ

ひょ~ ちなみに地球一周の長さが、4万キロなので、

2年間で、地球一周している形になります。

ただ、これがすごいわけでは決してなく、

やはりその時間は何も生産していないので、

本当は反省すべき点なのです・・・

この忙しい病を来年こそなんとかせねば!

 

さて、今日のテーマは「経営と数字を結びつける」です。

僕ら会計業界の強みは、数字を読めることと言われます。

もちろんそれは、財務諸表を作成する能力があるからですが、

実は経営者と財務諸表を繋ぐことができるのが

本当の強みだと思います。

それは同じように財務諸表を読める金融機関の方には無い能力です。

もちろん、職業の優劣を言っているのでは決してありません。

(金融機関の方は本当に優秀な方が多いと思っております)

普段の会計やる過程で、経営者と過ごす時間が長い勘定科目の中身を

把握しているからだけです。

しかしそうやって財務諸表を作成しているので、

経営全体を理解しやすいことも事実です。

ただ、これは会計人が自ら率先して理解していこうとしなければ、

財務諸表は単なる数字と文字が羅列された表でしかありません。

そして、僕らはそこから会社の課題を見つけ出す必要があります。

昨日ある個人事業主の方が会社設立について悩まれていました。

やはり法人設立のリスクがあるから怖いということです。。

この事業主と4年近くお付き合いしてきて、

この方の定性的な強み、そして財務の強みは理解しているつもりです。

ではその強みとは一体何か?

財務的には、売上の伸び、そして利益額によると思います。

普通ではたった一人では叩き出せないような利益額を毎年計上しています。

そしてそれを20年近くやってきた。

しかしそれは本人は気づいていない。

少なくとも僕は1000人以上の確定申告書を見てきましたが、

そのなかでも際立っている数字です。

そして、それはもっと伸びるでしょう。

品質が良いから得意先数が増えている

そしてそれを補う外注先もある

昨日はそこをそういった視点からアドバイスしました。

最後はとても自信に満ち溢れていました!

 

税理士だから数字以外のことはわからない、ではなく

数字と経営を結び付けて考える

そこが本当に経営者が求めているところだし、

その視点を外した瞬間に

僕らの商品は単なるプロダクトアウトの、

自己満足商品化してしまうのかもしれませんね。

 

それでは今日も絶好調で生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
■ 発行者 プロフィール ■
岡田 糧

株式会社クラウドナイン・コンサルティング/代表取締役
岡田糧税理士事務所/代表税理士
2001年 税理試験合格
2003年 税理士登録
2009年 顧問先600件超の税理士法人代表就任
2012年 中小企業を本格的に支援するために独立開業
2015年 第1回経営支援倶楽部全国大会 営業部門・指導部門 優秀賞
株式会社クラウドナイン・コンサルティング設立
2016年 第3回経営支援倶楽部全国大会 指導部門 最優秀賞(MVP)
第4回経営支援倶楽部全国大会 指導部門 最優秀賞(MVP)

売上高40億円の企業から4000万円の個人事業主の財務改善を手助けする。
情熱的且つ論理的な指導で社長と会社を次のステージに導く

〒491-0858
愛知県一宮市栄4丁目7-17 フ゛ルックスキューフ゛2号
TEL:0586-85-8327
e-mail :okada-tao@vesta.ocn.ne.jp
HP:http://cloud-9.biz/

【人と組織の成長を加速させる】ブログ毎日更新中!
http://cloud-9.biz/blog/
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

関連記事

  1. 愛情は与えるもの、でも見返りも・・・

  2. 時間つぶし

  3. 赤字の原因

  4. シンクロしてみる

  5. 変りたいけど。変われない♪

  6. たかが電話、されど・・・

PAGE TOP