〝比べる対象〟は誰か?

皆さん おはようございます!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

最近通っている柔術のクラス(初心者)に

中学生が参加してきました。

 

彼らはこれまでは小学生コースだったのですが、

学年(今年から中学生)が変わったので、

参加するクラスも変わりましたが、

実は彼らは、僕の長男と同級生です(汗)

 

若干の違和感を覚えながら、

トレーニングしていましたが、

最後のスパーリングで、

ガンガンに攻められ、

ほとんど何もできずに負けてしまいました。

 

言い訳をすると、彼は週5日道場に来て練習しており

彼らの父親は有段者です。

 

 

周りからは「負けて当然」と言われましたが、

やはり大人のプライドが・・・

 

と、ここで自分が何かと比べていることに気づきました。

 

自分は強くなる、

挑戦する姿を子供たちに見せたいと思い、

ブラジリアン柔術を始めました。

 

周りからは、「危険だ」とか、「何を目指しているのか」、

などの前向きではない声をもらいます。

 

しかし自分には目標があるのでそれに向かっています。

 

そうすると、誰かと比較すること自体は無意味です。

 

周りの30代の人たちと比べて

体力もスピードも無い

練習にもついていくのがやっと

そして中学1年生にも負ける

 

これだけ見たら、何が目的かはわかりませんが、

 

体格の変化はある

足腰も強くなってきた

若干ながら、以前よりは体力がついてきた

スパーリングが終った後に、

息切れして、倒れこむことは無くなった

 

そして道場に行くのが楽しい

 

これらは全て以前の自分と比較です。

 

そうすると〝できる〟が無数にあることに気づきました。

 

比べる相手は〝自分〟です。

 

戦う相手も〝自分〟です。

 

それ以外は学びの対象、

自分に打ち勝つためのヒントをくれる人達です。

 

人と比べることは

永遠に勝つことのない試合をしているようなものです。

 

Aさんに勝手もBさんがいる

 

Bさんに勝手もCさんがいる

 

もちろん、世界一になりたいならそれも大切です。

 

要は目的ですね。

 

そのための目標がある。

 

まだまだ自分の小さなプライドに悩まされているので

日々の習慣化で変化を見つけていきたいですね。

 

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

『ブレイクポイントを創造しよう!』
http://plaza.rakuten.co.jp/okadaryoutao/

『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年5月6日 ブレイクポイントを創造しよう

■「〝比べる対象〟は誰か? 」
㈱クラウドナイン・コンサルティング(C9C CO.,LTD)
岡田糧税理士事務所(tax accountant office)
代表取締役/税理士 岡田糧

HP:http://cloud-9.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 「聞く」があってこそ「話す」意味がある

  2. 仕事の幅は、やってみて初めて広がる

  3. 傷ついた核

  4. 複雑に考えた結果

  5. 〝叱る〟より〝気づかせる〟

  6. 神の導き?

PAGE TOP