名伯楽

皆さん、おはようございます!

一宮市で税理士をしている岡田 糧(リョウ)です。

最近は大きな鬼滅の刃ブームですね。

菅総理まで、「全集中の呼吸」と言っているらしく、

ちょっと嬉しくなりますね。

 

ちなみに僕が好きなのは、上弦の「参」の猗窩座編です。

ネタバレになるので、詳細は言いませんが、

もう涙涙でした

はやく、アニメの続きで描いてほしいですが、

かなり先になりそうです.

 

でも本当に楽しみです。

ちなみに映画は息子たちがお父さんを無視して

観に行ってしまったので、

映画館に行くきっかけが見つけられないでいます(汗)

一人で行くのも寂しいので、DVD待とうかな・・・

 

さて、今日のテーマは〝名伯楽〟です。

皆さんは〝名伯楽(めいはくらく)〟という言葉をご存知でしょうか?

大半の方は知っているかもしれませんが、

僕はお恥ずかしい話、知りませんでした(汗)

〝名伯楽〟とは、人の優れた能力を見抜いたり、才能を開花させたりすることが出来る人を意味します。

(ちなみに伯楽とは、中国の春秋時代の人物で、駿馬を見極める力や調教の技術に優れていたと言われています)

この名伯楽の逸話として、

仲の良い人には、「駄馬」を見抜くポイントを教え、

仲の悪い人には、「駿馬」を見抜くポイントを教えたと言われています。

ここだけ聞くと、「ん?」と思ってしまいますが、

「駿馬」のような優れた馬は、数百頭に1頭いるかどうか、

それを見つけること自体が至難の業らしいです。

しかし、駄馬は一定の割合でいる、それを見極められれば、

大きな損失になることはありません。

これを、人の採用として考えたときに、

とても参考になると思いました。

絶対に成長する、スーパールーキーを探すよりも、

組織にとって大きなマイナスになる人材を入れない方が確実だし、

リスクも少ないです。

ちなみに夫婦関係の円満の法則も

奥さんが喜ぶことを10やるより

奥さんが嫌がることを10やらないことが大事だと聞いたことがあります(笑)

今コロナの中で、大きく採用市場が動き始めていますが、

この採用ポイントは2000年以上前からあるものなので、

何らかの参考になればと思います。

それでは今日も素晴らしい一日をお過ごしください(^^

皆様に幸せな、良いことがありますように!

関連記事

  1. ミスを許せるか?

  2. 今日は母への感謝の日

  3. ブラックボックスこそが・・・

  4. 子は親の鏡

  5. 備えあれば憂いなし

  6. 磨いていただく人

PAGE TOP