早期の転職では

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

いや~いきなり暑くなりましたね!

 

昨日の最高気温は25°でした。

すでに真夏ですね(汗)

 

しかし暑くなると、洗濯ものがよく乾く!

 

だから、普段やらない洗濯を張り切る

そうなると掃除もやる気になり、

頼まれてもいないのに風呂掃除をまで

 

YouTubeで学んだキッチンハイターでカビ落としにも挑戦!!

 

普段は家事は家内に任せっきりだったので、

これ見よがしに頑張りましたが、

ここで、「頑張ったでしょ!!」と自慢しようものなら

全国500万人主婦アンケート「旦那への抱くイラッとする瞬間」

「第4位:たまにしかやらない家事をやったときに自慢げしてくる」

に該当するので、何も無かったように終えました。

 

ミッションコンプリート!!


さてさて、今日のテーマは「早期の転職では」です。

最近転職が話題ですよね。

 

「今の自分をもっと活用できる場所で!」とか

 

「あなたの才能はもっと成長できる」など

 

転職を鼓舞する広告が巷にはあふれています。

 

たしかに、僕も2回転職をしています。

 

まあ正確には転社(職業は変わらない)ですが、

前向きな転職ではなく、どちらかと言えば人間関係が合わなくて辞めた感じです。

その意味では、無理せずにその場所にいなかったのは

良かったかもしれませんね

 

とは言うもの最近は履歴書の行数(職歴)だけが増えて、

実際に何をしてきたかを語れない人が多くなっていると聞きます。

 

やはり仕事というものは、

奇麗なものでも、

かっこいいものだけではなく、

泥臭い、地味部分をどれだけ積み重ねられるかが重要ではないでしょうか。

 

たしかに、YouTubeとかやカリスマ経営者の方が言う

どんどん転職してスキルや経験を上げいていけばいいんだよ!!

というのも分かりますが、

それはかなり限られた能力値の人だけ

 

僕のような凡人には、

何事も「石の上にも三年」

そこで、仕事の全体を学んで初めて経験になる気がします。

 

最近はどんどん転職をして、

結局何もできない40代になったビジネスマンが多いと企業の人事担当者から聞きます。

 

キラキラした世界は結局はネットの世界だけです。

 

現実に目を向けて、

今やるべきことに集中した瞬間に次の世界が見えるのではないでしょうか?

 

ちなみに、ドラクエでも早期の転職ではスキルや呪文も身につかずに

結局は戦力にならないパターンが多いですよ(笑)

 

「未熟者のぶんざいで、職を変えたいじゃと!?」


 

May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 今ある資料で実はこんなことも!

  2. 権力者の自戒が組織の魂を新たな運命へ導く

  3. いちいち反応しない

  4. 投資の嗅覚

  5. 固定費は藤壺の如く

  6. 利は元にあり

PAGE TOP