近江商人


皆さん こんにちは!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

今日は日帰りで東京に来ております。

 

ほぼ始発に乗ってきて

朝一番で、明治神宮に行って参りました。

IMG_7649

 

 

 

 

 

 

昼まで少し時間があるので

この記事を書いております!

 

初めて来ましたが

かなり広くて、緑が綺麗ですね。

 

東京のパワースポットと言う意味がよく分かります.

今は改修中で社殿自体は見れなかったのですが、

清正井は見て参りました。

 

森の奥深くにあり

水もかなり澄んでいました。心洗われる感じですよ!

 

ただ、広くて歩き過ぎたので、

結構疲れましたけど(笑)

 

東京や大阪は結構月1で行きますが、

仕事ばかりで、あまり有名なところに行っていないので、

余裕を持ってちょっと羽を伸ばせるといいなと思いました。

 

次回はお台場のユニコーンです(笑)

ちゃんと〝変身〟するタイミングで行きたいですね!

 

 

さて、今日のテーマです。

↓↓↓

 

先日友人から聞いた話ですが、

彼はかなり優秀な人事系のコンサルタントです。

 

契約した会社は、ほとんど例外なく

業績が良くなっています。

 

もちろん、ターゲットを設定しているのもあるのだろうと

思いますが、僕にはまねできない圧倒的なスキルがあります。

 

「業績が良くなると契約終了になるのがコンサルの辛いところだよね」

 

本心ではないでしょうか彼が言った一言に

ふと気づかされました。

 

理想論ですが、顧客が良くなるのがゴールなら

それで良いような気がします。

 

しかし本当にそうなのか?

 

そうなると自社の収益性が悪くなる。

 

そんな、自分のことばかり考えているコンサルは

信じられないよとお叱りを受けますが

やはり、売り手も買い手も良くなるのがビジネス

 

買い手ばかりが得をするのは会社として成り立ちません

 

したがって継続的な契約を考えると

別の商品が必要になってきます。

 

人事が終れば、次はマーケティングが、戦略かもしれない

それぞれのコンサルティングを用意すればいい

 

だからこそ、新商品のための研究開発が必要

 

近江商人の言うとおり

売手良し、買手良し、世間良し

ビジネスの本質だと心から思いました。

 

シンプルな格言ほど結構深いですね・・

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

『ブレイクポイントを創造しよう!』

『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

関連記事

  1. 買手も売り手も

  2. 20年前は・・・

  3. 今日も絶好調!!と言ってみよう

  4. インプットは多い方が良い

  5. 目標設定

  6. 顧客から自慢していただく存在なのか?

PAGE TOP