無いものよりも、あるもの

皆さん、ご無沙汰しております。

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

2年ぶりの更新です(笑)

この2年は仕事的に色々ありましたが、

特に今年はコロナで色々と考えることがあるので、

毎日の自分の〝気づき〟をアップしていこうと思っています。

さて、今日のテーマは〝無いものよりも、あるもの〟です。

このコロナで多くの企業が影響を受けています。

その中で売上が下がっている企業で見受けられるのは

〝新商品開発〟や〝新しいビジネスモデル〟です。

既存の商品は、もう売れない

だから新しい商品を生み出さなければ・・・

それはそれで正しい判断です。

ただ、思うのが、そんなに早く収益に結びつけられるのかな?という疑問です。

あるお客様の話ですが、4月以降売上が60%くらいまで落ち込みました。

いろいろ考え実行した結果、

過去の開発したアプリを再度見直して販売し始めました。

3カ月経過した時点で、悪くない感触らしいです。

もちろんこの事例がどんな企業にも当てはまるかといえば、そうではありません。

ただ、多くの企業が、自社の持っている経営資源の深堀をせずに

〝無いもの〟を埋めようとしていることが多いということです。

まあ、これに関しては人間の成長にも言えることです。

自分の欠けているところにしか目を向けずに、

努力を続ける

・・・結果として心が疲れてしまうことは往々にしてあります。

コロナの影響で、大幅な改善を求められている企業は少なくありません

弊社も同じです。

だからこそ〝無いもの〟ではなく〝あるもの〟にフォーカスしてみる。

答えは色々ありますが、

自社はお客様になぜ選ばれていたのか、

成長できた要因は何か

なぜ、社員はついてきてくれるのか

今まで学んだことは何か

コロナ下では、時間が増えたという声をよく聞きます

だからこそ、空いた時間を、自社(自分)を見つめてみる時間にしてみる

自社を必ず守る

そう希望を持って、集中すれば何かきっと答えが見つかると思いますよ

ちなみに僕は自分のパソコンに中にいろいろ使わなかったツールがあったので、

これを機会にお客様に提供していこうと思っています。

小さな話ですがね(笑)

関連記事

  1. 知識の披露

  2. 見返りを求める人

  3. 笑顔の伝染

  4. 誰かに助けられている

  5. 現地に行き、話を聞くことは・・・

  6. 子どもを見習って

PAGE TOP