〝原因〟と〝結果〟

皆さん おはようございます!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

iroha会議1

 

 

 

 

 

 

今日は朝から鈴鹿に来ております。

 

朝一番で椿大社にお参りしてきました。

心が洗われる本当に素晴らしい場所です。

 

今日から5連続で会食となりますので、

パワーをもらった感じですから、

会食相手にパワーを渡せるように

絶好調に行きたいと思います!!

 

さて、今日の気づきです。

↓↓↓

 

原因と結果

貸借対照表とは、今更だが

 

借方 → 資産(財産価値のあるもの)

貸方 → 負債(返済義務があるもの)

資本(事業をするのに必要な基金)

 

企業の財産状態を把握するもの

 

まあ、単純に言えばそうだが

違う見方をすれば下記のようになる

 

負債・資本 → 原因(資産の調達源泉)

資産 → 結果(調達した資金)

 

つまりは〝原因と結果〟

 

これは通常の経営資源に関してはも同じことが言えるが、

経営資源とは実は、有限と無限のものがある。

 

有限とは言わずと知れた、人・モノ・金

無限とは 情熱・信頼・知恵

 

有限の経営資源の源泉は通常の貸借対照表で表すことができる

では、〝無限〟の経営資源の源泉とは一体何か?

 

それこそが、経営理念に他ならない

何のためにわが社は存在するのか?

 

その問いに対する強烈な回答こそが、

無限の経営資源の源泉となりうる

 

したがって、単なる利益訴求の企業には無限の経営資源は、

時と共に枯渇していくことになる

 

貸借対照表は資産を貨幣価値に変換したものだが、

その裏側にある、貨幣価値に変換できない

無限の経営資源を一度見直す必要がどの企業にもある気がする。

 

以上、今日の気づきでした、

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

▶▶▶『ブレイクポイントを創造しよう!』
▶▶▶『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

関連記事

  1. 〝形〟にとらわれない

  2. 自由研究

  3. 遠い記憶

  4. 日本人の大きな可能性

  5. 新しい世界

  6. 無いものよりも、あるもの

PAGE TOP