コンフォートゾーンからの脱出!

皆さん おはようございます!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

iroha会議1

 

 

 

 

 

 

昨日家族で釣り堀に行きました!

初めての体験でとっても良かったですよ。

 

どんだけインドアな家庭なんだか(笑)

とは言っても、なかなか釣れませんね

 

釣り堀と言う位だったので

結構じゃんじゃん、じゃんじゃん釣れるかなぁ~

 

〝釣りバカ日誌〟の浜ちゃんばりに釣り上げるイメージだったのですが

これが全く釣れない・・・

 

釣り堀ゆえに、普段から餌にありついているのか、

それとも釣り堀の店主に飼いならされているのか、

がっつく営業担当が売れないのと同じなのか

 

食いつきが悪い魚ばかりで

その魚相手の格闘に1時間費やしました!

 

ちなみに池の大きさはコンビニの倍くらいです。

長男は結構楽しんでいましたが、

次男は一匹も釣れずにふて腐れておりました。

 

でも、自然の中だったし、

家族と居るだけで癒されましたね。

 

ただ、釣り道具を最後に返却に行った時、

「魚たちに、からかわれたね~」

と言われたときに、

長男がリベンジを心に誓っておりました。

 

さて、今日の気づきです。

↓↓↓

 

成長の阻害要因

 

つまり伸びることを妨げる原因としては

有名なところコンフォートゾーンが挙げられます。

まあ、居心地の良い空間ってやつです。

 

この言葉を聞いて知ってる人は知ってると思いますが、

この〝心地よい空間〟は

すぐには死なないし

現状は何事もなく生きてる(表面上は)

ほんわか~ほんわか~ って感じです。

 

例えで言えば〝茹でガエル現象〟のカエルのよう

 

あったかいな~ とお湯につかっていたら、

温度が上がっていつの間にか茹で上がって死んでしまうという話。

有名な創作ですね。

 

自分自身、今の事務所の規模で満足していました。

まあ、死なないし、ご飯も食べられるし

そこそこ評価もされているし・・・(勘違い)

 

は? それって単なる自己満足でしょう!

 

自分のできる範囲で、できるコストで、できる時間で挑戦しているだけ。

まさにコンフォートゾーン真っ只中!

 

先日会った投資家の方から不動産投資の話を聞いたときに

心の底からそれを感じました。

 

「リスクを取っていないのにリターンだけを望むのは狂気だね」

 

今の心地よい空間から脱出するのは考えるのではなく

行動するしかありません。

 

成長すべき、ではなくこのままでは死ぬかもしれないという危機感をもって

動きたいと思います!

 

以上、今日の気づきでした、

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)

 


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

▶▶▶『ブレイクポイントを創造しよう!』

▶▶▶『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

関連記事

  1. 没頭する

  2. その時間、本当に短縮すべきですか?

  3. なりたい姿は東郷平八郎閣下

  4. 〝孝〟の字

  5. リスクを取ることだけが、成長に繋がる

  6. 取引業者さんとの関係性

PAGE TOP