不変の現実と究極の解決策

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

昨日は税理士会で会議でした!

しかし、事務所をいつもよりも遅めに出たので、

10時まであと5分しかない!

 

やばい、遅れる!

駅から全力ダッシュ

 

しかし、もともと持久力が備わっていないので、

足がパンパンで100ⅿくらいで力尽き、

ほぼ諦めムード、もう無理だ、

 

許してくれ、セリヌンティウス もう間に合わない

 

しかし、社会人(メロス)として遅刻は厳禁

 

何とかなると自分を鼓舞して、ギリギリ1分前に到着!!

俺凄い!!と自画自賛

 

と、思いきや、時間を間違えており

周りからなんで息切らしているのですか?って感じで冷めた目で見られました・・・

社会人なら時間管理はちゃんとましょう!!

以上、朝礼を終わります。


さてさて、今日のテーマは「不変の現実と究極の解決策」です。

身も蓋もない話です。

 

よく家族経営の会社(事業)で

父親のことを何とかしてほしい

息子のことを何とかしてほしい

と依頼を受けるのですが、結論を言いますね、

 

無理です。

 

大事なことだから先生、もう一度言います、絶対無理です。

 

世の中にはそれができる人がいるかもしれませんが、

相当なパワーがいると思います。

 

パワー!!です(筋肉くん)

 

まぁ冗談はさておき、家族の問題が解決するのは

数十年と言う長い時間か、当人が亡くなった後

まぁ多くはこれぐらいです。

 

目の前の課題を今すぐ解決してくれって! というのはおそらく無理ゲーです。

 

じゃあどうすればいいの?とよく言われますが

一番シンプルな方法は下記の2つです。

 

1、めちゃめちゃ稼ぐ力をつける

2、その会社から逃げ出す

 

もちろん、これが絶対的に正しいと言うわけでもちろんありませんが、

経験則上や他の税理士さんとも話す限りだと大体この中には収まると思っております。

 

と言うことで一番シンプルなのは、やはり何が何でも稼ぐ!と言うシンプルなことだと思います。

 

人を変える、特に見内を変えるのはほぼ不可能。

 

だからこそ会社の業績を徹底的に上げる。

 

売上を上げる、利益を出す。そこに集中する。

 

そうすると、やがて色々な変化が起きてくるとは思います。

 

これは間違いない話。

物事を複雑にするよりも、シンプルに考え、そして集中する。

 

それが1番の答えではないでしょうか?

 

ウォーレン・バフェット

「家族経営は特有の強みを持っているが、感情が経営判断を曇らせることもある。」

 

ブログを通じて、これからも色々な思考や情報を共有していきたいと思います。
皆さんもぜひ、日々の生活の中で多角的な視点を持つことの大切さを感じ取っていただけたら幸いです。


「May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy」

関連記事

  1. 信頼の証

  2. 挑戦できた自分

  3. 持てる者・持たざる者

  4. 〝お金〟と〝モノ〟関係性

  5. 曖昧な記憶

  6. コンフォートゾーン

PAGE TOP