君がこの世界を創造しているわけではない

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

昨日は久々にお客様との会食でした。

 

お客様自身の友人を紹介したいと言っていただけたので、

席を設けることにしましたが、

夕方から打ち合わせ → 食事 → 飲み と流れ、

2次会が終わったのが深夜0時

普段は21時には布団に入りたい人間としては限界をとうに過ぎており

逆にテンションが上がるという意味不明の状態となっておました。

 

そして、今日はその副作用でほぼ酩酊状態です・・・

 

今日は朝から事務所で事務作業をしようと思っていたのに、

脳内CPUが50%くらいしか稼働しません・・・

 

眠い、眠い、眠い zzzzzzzz


さてさて、今日のテーマは「君がこの世界を創造しているわけではない」です。

僕は職業柄、人のモチベーションアップを心がけておりますが、

自分自身はどうかというと、

結構な頻度でダークサイドに陥ってしまいます。

 

お恥ずかしいですが、

憎しみ、嫉妬、怒りといった負の感情に支配されることが多々あります。

 

もちろん、大人なので表面上にはなるべく出さないようにはしていますが、

それでも、上記の負の感情を引きずります。

 

しかし、結局これらのダークサイドに陥ってしまう原因は、

自分自身が望んでいる部分もあることに気づきました。

 

怒りたいから怒り

嫉妬したいから嫉妬し

憎みたいから憎む

 

では、それは何故か?

 

相手にマイナスの感情をぶつけることで、自分を正当化したいから

 

自分の〝正義〟が正しいという意識を認識したいから

自分は絶対に間違っていない

間違っているのは相手である

善悪を明確にすることで、自己承認をする

これらが、ダークサイドの原因だと思います。

 

相手にはそれぞれの事情があり、

自分を正当化しなくても世界は回り続け、日々は過ぎていくのです。

 

すべては、心の余裕のなさ故なのでしょう。

 

自分が作った世界やルールで自分や他人を縛るから苦しくなる

自分の世界は結局ウォールマリアの中でしかないことに

自覚すべきですね。

 

「人間はしばしば自己の理想像を作り出し、その理想に自分を合わせようとするが、

それが原因で多くの精神的苦痛を引き起こす。」

カール・ユング


May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 紹介者の信頼分

  2. その時間、本当に短縮すべきですか?

  3. 師との答え合わせ

  4. 忠誠と誠実の狭間

  5. 〝叱る〟より〝気づかせる〟

  6. メールの難しさ

PAGE TOP