奢れるもの

みなさん、!おはようございます。 一宮の税理士  岡田糧です!!

課税をひき、イヤイヤ、風邪をひきました(涙)

鼻がイグアスの滝のようになっております。

(朝からすみません)

しかし、今日は夜セミナーなので、休めません。

栄養ドリンク飲んで頑張ります!

ただ、今日は終日事務所での作業なので

移動が無いのが、救いですね。

調子に乗って、「お父さんは休みなどいらん!」

と思っていた矢先の出来事。

 

「奢れるもの久しからずや」

 

ですね、

小学生の時に、ちょっとの熱で学校を休んでいた時

家にいるのが至福でした・・ああ 懐かしい

ゲホッ ゲホッ

可笑しいな、筋トレしているはずなのに・・・

 

さて、今日のテーマは「奢れるもの」です。

 

昨日は新規の保険会社の方との打ち合わせでした。

新しい商品の説明を丁寧にしていただき、

理解が深まりましたが、

その中である先生の話になりました。

 

まあ、僕は直接面識もありませんし、名前も知らないのですが、

結構保険会社の方や、システム会社の方を

「業者」扱いされるらしいです。

「ああ、来たの? じゃあ、あれやっといてね」

みたいな感じです。

 

まあ、ちょっと上から目線らしいです。

ちなみに、僕も昔お客さんに「業者」扱いされることが苦痛で仕様がありませんでした。

「単なる帳面屋」「経理士さん」

「岡田さん来てたの?」

くらいの軽い扱い。

と言っても、大したサービスをしているわけではなかったので、

仕方ありませんが、

今、こういった話を聞くと少し悲しいですね。

 

相手ももちろんビジネスですから自分の商品を売れなければ

いけませんが、その前にお客様に対して

何かできないのか?と必死になっている人も

少なくありません。

それを、上から見て

「業者」扱いするのは言葉は悪いですが

調子に乗っていると思います。

どんな仕事であれ、社会に貢献するからこそ存在するし、

その中で優劣は基本無いと思います。

 

もちろん、サービス内容が高度かどうか、で報酬は決まりますが、

それが人間性の優劣には決してならないと思います。

自分が買い手だから、

先生商売だから

国家資格だから

 

何をやっても良いのではなく、

 

買手だから、感謝をもってサービスをしていただく

先生商売と、言っていただけるのであれば、器を広げて、尊敬に値する人間となる

国家資格だから、資格に責任を持ち、自分を律しなければならない

 

そうしなければ、先ほどお伝えした

奢れるもの久しからずや

となっていく気がします。

その時は、どう足掻いても、

収益は加速度的に減っていくのでしょう。

他人のふり見て我が身を直します。

 

それでは今日も絶好調で生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today!)

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
■ 発行者 プロフィール ■
岡田 糧

株式会社クラウドナイン・コンサルティング/代表取締役
岡田糧税理士事務所/代表税理士
2001年 税理試験合格
2003年 税理士登録
2009年 顧問先600件超の税理士法人代表就任
2012年 中小企業を本格的に支援するために独立開業
2015年 第1回経営支援倶楽部全国大会 営業部門・指導部門 優秀賞
株式会社クラウドナイン・コンサルティング設立
2016年 第3回経営支援倶楽部全国大会 指導部門 最優秀賞(MVP)
売上高40億円の企業から4000万円の個人事業主の財務改善を手助けする。
情熱的且つ論理的な指導で社長と会社を次のステージに導く

〒491-0858
愛知県一宮市栄4丁目7-17 フ゛ルックスキューフ゛2号
TEL:0586-85-8327
e-mail :okada-tao@vesta.ocn.ne.jp
HP:http://cloud-9.biz/

【人と組織の成長を加速させる】ブログ毎日更新中!
http://cloud-9.biz/blog/
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

関連記事

  1. 競い合える仲間の存在

  2. 〝不正〟は他人事?

  3. 負けて当然

  4. 〝それ〟をどう使うか

  5. そのメモ、本当に伝わていますか?

  6. スマホ依存症

PAGE TOP