潜在化している数字は何?

みなさん、!おはようございます。 一宮の税理士  岡田糧です!!

10回に1回くらいは、数字か税務の話をしないと、

何の職業なのかわからなくなるので、

今日は数字の話をひとつ!

ちょっと専門的な内容になってしまうので、

ご勘弁くださいね。

 

よく一般的な財務分析をしていても

安全性や、収益性に問題がない

むしろ、一般的な企業からするとベンチマークとなるような会社があります。

先日相談に乗った会社も数字的には

素晴らしい内容でした。

売上高20億円で、2億円の税引き前利益

自己資本比率も驚異の75%

その他に生産性も問題が特に問題は無さそうでした。

と言って、会社の内情を聞くと

①後継者がいない
②株が分散し過ぎている
③得意先シェアが極端に偏っている(メインがほぼ70%と占めている)
④従業員の高齢化で、来年以降毎年数人ずつ退職する
⑤機械の耐用年数を極端に超えている

これが問題のすべてではありませんが、

数字に置き換えると

①後継者がいない → 後継者のための相当な採用・教育コストがかかる
②株が分散し過ぎている → 会社なら自己株式の買い取り資金が必要
③得意先シェアが極端に偏っている → 単価の圧力(利益率の低下)
新規取引先の拡大 営業コスト増加
④従業員の高齢化で、来年以降毎年数人ずつ退職する →退職金積立
新入社員の採用コスト増
⑤機械の耐用年数を極端に超えている → 壊れたら数千万円の設備投資が必要

と言うことが考えられます。

これが現在の決算書に現れていない潜在的なコスト

これらは、決算書の勘定科目に隠されています。

そこを顕在化していくのが、本当の経営分析です。

これらを踏まえると、先ほどの会社も

100%安全だとは言えません。

(もちろん、ダメだとも言ってませんよ)

勘定科目の裏側には何があるのか?

顕微鏡で見るがごとく分解していくと

原子の一つひとつに課題が見つかっていきます。

まあ、こう言っても数字が苦手だというクレームが来ますので

その場合は、総勘定元帳を顧問している税理士さんと

一緒に見てください

自分が気づかない課題が見つかるかもしれませんよ!

それでは今日も絶好調で生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today!)

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
■ 発行者 プロフィール ■
岡田 糧

株式会社クラウドナイン・コンサルティング/代表取締役
岡田糧税理士事務所/代表税理士
2001年 税理試験合格
2003年 税理士登録
2009年 顧問先600件超の税理士法人代表就任
2012年 中小企業を本格的に支援するために独立開業
2015年 第1回経営支援倶楽部全国大会 営業部門・指導部門 優秀賞
株式会社クラウドナイン・コンサルティング設立
2016年 第3回経営支援倶楽部全国大会 指導部門 最優秀賞(MVP)
売上高40億円の企業から4000万円の個人事業主の財務改善を手助けする。
情熱的且つ論理的な指導で社長と会社を次のステージに導く

〒491-0858
愛知県一宮市栄4丁目7-17 フ゛ルックスキューフ゛2号
TEL:0586-85-8327
e-mail :okada-tao@vesta.ocn.ne.jp
HP:http://cloud-9.biz/

【人と組織の成長を加速させる】ブログ毎日更新中!
http://cloud-9.biz/blog/
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

関連記事

  1. 紹介者の信頼分

  2. 書類回収代行会社

  3. インプットは多い方が良い

  4. 超スピード感

  5. 再生できる社会

  6. 言葉は全て自分に戻ってくる

PAGE TOP