犬も歩けば・・・

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

2025年から大学共通テストに「情報」科目が加わり、プログラミングも出題されることになりましたね。

 

これは、将来社会で求められるスキルに対応するためのに必要みたいです。

 

去年高校3年生だった長男は受験科目にありませんでしたが、

今年から高校生になる次男には必須科目なるということで、塾などもかなり対応が大変みたいです。

 

ただ、40年位前に、ファミコンが欲しくて、

「これからは、コンピューターの時代だよ、

これが最新式のコンピューターだから買って!」

と父親を説得(騙して)して買った記憶が蘇りますが、

この秘密は子供達に内緒で墓場まで持っていきたいと思います・・・

 

若者よ、情報技術の理解を深め、未来の選択肢を広げましょう!!

 


さてさて、今日のテーマは「犬も歩けば・・・」です。

昔、有名な投資ファンドに勤めていた友人である公認会計士は、

成功する経営者には三つの重要な特徴があると話していました。

 

即行動:アイデアが浮かんだら迅速に実行に移す。

柔軟性:異なる視点や意見を受け入れる。

財務の知識:財務に関して深い理解を持つ。

 

もちろん、これらが絶対的な法則ではないものの、

行動を起こすか否かが大きな差を生むと僕は考えます。

 

たとえば、動かない経営者が身近にいます。

会うたびに助言を求めてきますが、過去10年間、ほとんど進歩が見られません。

 

もちろん、私のアドバイスが十分でない可能性もありますが、

結局のところ彼は「聞くだけ」で終わってしまっています。

 

逆に、成長する経営者は聞いたアドバイスを直ちに実践に移します。

 

会議中に指示を出したり、

その場で関係者に連絡を取るなど、意思決定も素早く行います。

 

実際のところ、「行動」が成功に結びつく確率は最良でも10分の1ですが、

成功するためには行動が不可欠です。

 

行動することには制限はありません。

 

資金には制約があるかもしれませんが、行動しなければ結果は得られません。

 

重要なのは、アイデアを迅速に実践に移せるか、

新しい情報を素直に受け入れて実践できるかです。

 

費用対効果やリスクを考慮し、数字で理解できる経営者が、結果を出すことができます。

 

結果が出ていないと悩んでいる方は、

実際に十分に行動しているでしょうか?

結局、犬も歩けばいつかは幸運が訪れるかもしれませんよ。

 


May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. OSの書き換え前には、バグ原因の把握を!

  2. 交際費の使い方講座

  3. 自分が見ている世界は・・・

  4. そこにある思いやり

  5. リノベーションの販促

  6. その時間、本当に短縮すべきですか?

PAGE TOP