名はただの符号に過ぎないが、導く光ともなる

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

あいにくの雨ですね。

今日から税理士会の会議では3日間缶詰です(涙)

ひたすら作業が待っております・・・ふう

今から精神と時の部屋に入ってきますが、

時間だけが経つのが遅くて、成長はしないのが難点です(汗)

 

一応メールと電話は幸い繋がります・・・


さてさて、今日のテーマは「名はただの符号に過ぎないが、導く光ともなる」です。

〝自分にニックネームをつけるなら?〝

先日ある本を読んでいた時に書いてあった言葉です。

 

その人(本人)を表現する感じをイメージしてもらえればいいですが、

タレントの武井壮さんの〝百獣の王〟とかですね。

 

自分が他者からどう見られたいか?

 

ある意味のビジョンを含めてみる

 

僕なら〝擁護者〟や〝ヒーラー(僧侶)〟ですかね

セミナー会場でベホマズンとか使えたら良いですよね(笑)

 

まあ冗談ですが、

太公望呂尚のように経営者を精神的にも戦略的にも支える智者でもありたいとも思っております。

 

ちなみに、できれば目立ちたくないというのもありますが・・・

 

自分にニックネームをつけるというのが

結構わかりやすいビジョンになるのかもしれませんね。

 

「名前が人の運命に影響を与える」 ギリシャの神話の一節


May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 税務調査

  2. 自分を消す

  3. 目標設定

  4. 無いものよりも、あるもの

  5. 相手のどちらをみるのか?

  6. リスクを取って生きる」

PAGE TOP