親しき中にも礼儀あり


皆さん おはようございます!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

 

昨日は新規のお客様と面談でした。

 

結構年配の方だったので、

面談開始時には、共通項を見出そうと

手探りの会話をしていましたが、

急きょその方の携帯が鳴り、

なんと着信音がワンオク(ONE OK ROCK)だったので

思わず話を振ってしまいました。

 

※ちなみに僕はにわかワンオクファンです。

 

あの曲いいですよね!

あの曲の歌詞は!

 

などと話していたら、

思いっきり乗ってこられて

 

ライブは行ったのか?

アルバムは何が良いのか?

あのエピソードは良いよな!

 

など延々小一時間突っ込まれたのですが、

ほとんど回答できず

結局は恥ずかしい思いをして

 

「また来ます」

 

そう言い残して帰ることになりました・・・とほほ

 

しかし距離が近くなったので、「よし!」としたいですが

好きな人の前で

にわかファンはやめたほうがいいですね!

 

〝生兵法は大怪我のもと〟

 

とはよく言ったものです(汗)

 

 

さて、今日のテーマは「親しき中にも礼儀あり」です。

 

今年の元旦に初詣で、易者さんから

今年は「謙虚に生きなさい」と言われました。

 

まあ、謙虚さが無いのは、

周りの言葉から、痛いほどわかりますが

省みることまではできていません。(お恥ずかしい)

 

だからこそ毎日の実践が大事!!

 

そう言っても中々行動できないのが

人間の辛いところ

 

感情に流されたり

傲慢になったり

自分の意見を押し通したり

 

お客様の前なら何とかできるかもしれませんが、

それは〝仮〟の姿

家に帰れば傲慢な人間に戻ってしまいます。

 

謙虚さというサランラップを張っているだけかも・・・

 

家では妻の非を責めたり

子供たちを上から押さえつけたり

両親に反発したり

これの何処が謙虚なんだろう?

と自問自答してしまいます。(最低ですね)

 

しかし、ふと思いました。

「家でできないことが外できるのだろうか?」

 

お金の絡むお客様の前では当然やらなければいけない

スタッフの前でも同じ

 

しかし一番自然体である家でやって初めて

本物かと思います。

 

家族の目的は〝幸福を感じること〟

自分のエゴを押し付ける場所ではありません。

 

子どもたちも、妻のことも認めた上で、

問題があれば修正する

 

自分の思い通りにするため

コントロールするためではありません

 

そのために足りないもの

それは〝礼節〟なのだと思います。

 

自分が上と思うことが問題の源泉

妻に対しても

子どもに対しても

両親に対しても

ちゃんと礼節をもって接していこう思います。

 

親しき中にも礼儀あり

 

ですね!

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

『ブレイクポイントを創造しよう!』

http://plaza.rakuten.co.jp/okadaryoutao/

『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年2月6日 ブレイクポイントを創造しよう

■「親しき中にも礼儀あり」

㈱クラウドナイン・コンサルティング(C9C CO.,LTD)
岡田糧税理士事務所(tax accountant office)
代表取締役/税理士 岡田糧

HP:http://cloud-9.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

  1. 「災い転じて福となす」は結果がすべて

  2. その出会いは二度とない

  3. 世界は僕中心には回っていない

  4. 悩む と・解決方法を考える

  5. 税理士って素晴らしい職業だな~

  6. 傲慢の結果・・・」

PAGE TOP