先生業になっていませんか?

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

確定申告も残り、5日ですね。

 

会計業界のみなさん、ラストスパートです!

がんばりましょう!!

 

とは言うものの、弊社もまだ資料が来ていないお客さんが数件あります。

1人は音信不通

毎回、ギリギリで資料を持ってくるので、今年こそは!!と息巻いておりましたが、

結果は変わらずです・・・とほほ(ノД`)・゜・。


 

さてさて、今日のテーマは「先生業になっていませんか?」です。

昨日は妄想の話でしたので、今日は現実的なお話を(笑)

 

ベンチャーサポート相続税理士法人の古尾谷先生のメルマガに耳が痛い一説がありました。

 

お客様とコミュニケーション取れないのは、

会話のキャッチボールをしたいのではなく、

先生業として、一方的に伝えるのが好きだから

 

これって僕のことじゃないか・・・

 

良かれ思って、自分の話したいことを話す

結果、〝聞く〟が1で、、〝話す〟が3となっている(汗)

 

偉そうに、クライアントに寄り添うとか言っておきながら、

自分がマウントを取りたいだけかもしれないです。

 

口は1つで、耳が2つ

話すの倍は聞く必要がある

 

有名な格言ですが、

それができたときに、

本当に顧客に寄り添うことができる税理士になれるのかもしれませんね。


 

May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 聞くこと自体が大切

  2. 環境変化

  3. 経営はまず〝捨てる〟ことから始めなさい

  4. 時間管理の徹底

  5. 〝不正〟は他人事?

  6. 喜怒哀楽から学ぶ

PAGE TOP