こんな上司は嫌だ!!

みなさん、おはようございます。

今日は、昨日の雨と打って変わって快晴ですね

桜も咲き始め、今週は入社式、入学式が多いと思います。

 

昨日名古屋駅から帰る時に、

研修を終えた(?)新入社員のビジネスマンが食事に出かけているのは

初々しいですね。

 

僕は大学在学中から税理士試験を受けており

一般企業に就職した経験が無いので、

少しだけうらやましいです。

 

僕も税理士を目指さずに、

一般企業でちゃんと社会人としての研修を受けていれば

もう少し常識人になっていたのかもしれませんね(汗)

 

 


さてさて、今日のテーマは「こんな上司は嫌だ!!」です。

昨日はいつもお世話になっているクラウドソフト会社の担当者が来社されました。

 

外部の方の意見の中で、

「こんな上司は嫌だ!!」みたいな話は

ある意味面白いですが、ある意味自分のことを指すようで怖いです。

 

もちろん、ハラスメント系はかなり気を使っておりますが、

僕もやはり昭和の日本男児!

デリカシーの欠片もない要素がにじみ出てもおかしくないので

こういった機会に再度自分に言い聞かせるようにします。

 

ちなみに昨日聞いて一番驚いたのが、

飲みの席で独身の女性社員に「なんで結婚しないの?」と説教する上司です

 

理想の相手が見つからないかもしれないし、

したくないかもしれない

 

裏側に色々な悩みがあるのをまったく見ず

自分の価値観だけをひたすら直球で投げまくる上司。

 

たしかに僕も経営者には自分の価値観を押し付ける傾向はありますが、

それは〝会社〟という組織から俯瞰して見た判断です。

 

相手の悩みを共感するのは難易度はたしかに高いです。

 

しかし、その努力をすることは誰にでもできます。

 

人間は世の中や会社の歯車の一部であることは間違いのない事実です

 

だからこそ、歯車同士の接点は自分本位ではなく、

相手に合わせることが円滑な循環のために必要なことではないでしょうか?

 

自分たちの世代は・・・

自分はそう教えてもらわなかった・・・

自分は・・・

ではなく、今の相手が、今の社会は、今の会社はで判断する

 

こちら側ではなく、向こう側から見たコミュニケーションなら

「こんな上司が絶対に良い」となるのではないでしょうか。

 

 


May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 共に創り上げる喜び

  2. 自分に殺されるかもね

  3. 信頼の証

  4. お金の哲学

  5. 時間つぶし

  6. 譲り合い

PAGE TOP