相続税は迷路

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

昨日は浜松出張でしたが、

お客様のご厚意で、初めて、〝レストランさわやか〟さんに行ってきました。


とても美味しいですね。

グルメレポーターではないので、うまい表現はできませんが、

ご飯が止まりませんでした(笑)

やはりハンバーグで重要なのは、ご飯が進むかどうかではないでしょうか(笑)

 

さて、今日のテーマは「相続税は迷路」です。

 

弊社では、毎年4~5件くらいの相続税の申告をしています。

まあ、個人の税理士事務所だとそんなに多くないと思います。

 

最近では相続税申告の専門の事務所も多くなってきているので、

この分野の競争は非常に激しくなってきていますね。

とはいうものの、お客様にとって相続税申告は、

まるで迷路のような複雑さです。

 

お客様がこの「迷路」で迷子にならないようにサポートするのが私たち税理士の役目。

今日は、相続税申告の際によくあるお客様の懸念点と、

そのストレスをどう軽減するかについてお話ししましす。

1. 難解な税金の計算
「相続税の計算、これって宇宙語ですか?」と思われるかもしれませんが、
100%理解する必要はありません。 大枠だけの理解で大丈夫ですよ。

2. コミュニケーション不足
「税理士さん、今どうなっているの? 仕事やってますか?」と長期間連絡が無いと思ってしまいますが、
ちゃんと定期的に地上に出て、進捗を報告します。

3. 料金の透明性について
「いきなりびっくりするような料金を請求されるよね」というご心配は無用です。
最初から料金表に基づいて明確にお伝えしますので、サプライズはありません。

4. 時間がかかるプロセス
「相続税申告、どれだけ待てばいいの?」
安心してください、そこまで長くはかかりません。
申告期限は亡くなってから10カ月ですので定期的なアップデートで、進捗をお知らせします。

5. 資産評価の不確実性
「この家、実はお宝じゃないの?」という資産評価の不確実性についても、しっかりと地に足のついた情報を提供します。

6. 税金の額
「税金が心配で夜も眠れない」という心配はご無用。
事前にしっかりと計算し、アドバイスも致します。

7. 遺産分割の複雑さ
「遺産分割、じゃんけんで決めましょうか?」というわけにはいきませんが、
分かりやすく、平和的に解決のお手伝いをします。

少しでもお客様の不安や不満を解消することが私たちの使命です。

一緒にこの「迷路」を楽しく進んでいきましょう!

May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 人の仕事を見て

  2. 中小企業のガバナンス

  3. 誰のためのコーチング?

  4. 怖いのは経験していないから

  5. 口癖の心理

  6. 分かりやすい差別化戦略

PAGE TOP