自己資本の先に

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

昨日は久しぶりにジム行ってきました!

 

左手の中指をカバーしながらのトレーニングだったので、

多少制限はありましたが、

従来のメニューの6割くらいはできたのでよかったです。

 

おなか周りも気になり始めたので、

有酸素運動も多めに時間を費やしたので、かなり汗をかきましたが

終わった後のシャワーが特に気持ちいいです。

そして、翌日の心地よい筋肉痛の中で、

「俺、頑張ってるぜ!!」と密かに自画自賛をしている50才の春です(笑)

 


 

さてさて、今日のテーマは「自己資本の先に」です。

よく経営者からお金に関する質問で

「預金はどれだけあったらいいの?」と聞かれることがあります。

 

会社の預金残高は、会社の規模や業種、経営状況によって適切な金額が大きく異なるため、

一概に「これくらいあれば良い」という数字はありません。

 

しかし、以下の指標を参考に、自社にとって適切な預金残高の目安を検討することができます。

1. 総資産比率

総資産比率が30%以上であれば、会社の財務状況は安定していると判断されます。

2. 流動比率

流動比率が2倍以上であれば、会社の短期的な資金繰りは安定していると判断されます。

3. 運転資金

運転資金は月商の2~3ヶ月分と言われています。

 

じゃあ、上記の要件を満たしていれば、100点かといえばそうでもない

実は会社のお金の本当の機能は〝利益を増やすために使う〟ことだからです。

 

もちろん、守るために預金残高は必要ですが

長年そのままで永久凍土となっている場合も少なくないです。

 

現在上場企業などは株主にその点を指摘されて

積極的に投資に回しています。

 

もちろん経営者も人間だから現預金は多めにあったほうが良い。

それはよく分かります。

 

だからといって投資をしないのは長期的なリスクを生みます。

新しい利益を生むことに集中する。

ここから逃げない

企業の財務体質が良くなってくると、新しいチャレンジに後ろ向きになることも多々あります。

 

現預金が減るプレッシャーを乗り越える経営者が

次の企業の〝柱〟を打ち立てることができるのかもしれませんね。

 

 


May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. コンフォートゾーン第二章

  2. 高級外車

  3. 〝孝〟の字

  4. 胆力の身につけ方

  5. 見返りを求める人

  6. 〝Why〟を繰り返すときには・・・

PAGE TOP