The Show Must Go On

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

テレレレッテッテレー♪

「税理士オカダは 〝Midjourney〟の じゅもん(AI)を おぼえた!」

 

うーん、またまた新しい生成AIを覚えてしまいました・・・(汗)

 

その名も画像生成AI Midjourney

https://www.midjourney.com/home

昨日から使用を開始しております。 面白い(笑)

↑↑↑ こんなかんじです!!

 

知っている人は、すでに使っていると思いますが、

ChatGPT4よりも画像生成のレベルは高いです。

 

ただ、このままいくと、仕事よりもAIに使っている時間の方が長くなる気がします。

 

これからの時代を考えて、

しかも新しもの好きの僕の強みに合っているので

仕事に支障をきたさない程度に進めていきます!


さてさて、今日のテーマは「The Show Must Go On 」です。

人間は動いたほうがいいのに、動けないのは何故でしょうか?

 

昨日、普段通っているジムに行ったら臨時休館でした。

 

何かイベントがあったみたいで、スタッフが不在だからです。

 

「おいおいおいおーい! ただでさえ週末しか行けないのに、土日休館って・・・」

 

今のジムに対して、めちゃめちゃ不満というわけではないですが、

時間も10時からだし、ゴールデンウイーク・お盆・年末も長期間休みだし、

おばさんがマシンの椅子に座って話し込んでいることもありますし・・・なんかなぁ~と思ってました。

 

その後家に帰って、その話を家内にしたら、

「いい加減、他のジムにしたら?」と言われました。

 

その言葉をきっかけにして、昨日は時間もあったので、近くの24時間ジムに行ってきました。

 

いざ入ってみると、ジム内もすごく綺麗で、マシンの数も多い。

 

今のジムの5倍は有酸素マシンがあります。

 

しかも24時間365日営業です。

これいいじゃん、ということで入会することに決めました。

 

人間が新しいことを始める理由

人間は未知なる領域に行く時、躊躇します。

 

それは未知の恐怖心からです。

これは生物学的な話で、人間が新しいことを始めるのに躊躇する理由です。

 

この恐怖心は進化の過程で生存を助けるために形成されたものであり、

未知の状況に対する警戒心として機能します。

 

DNAレベルで組み込まれたこの反応は、危険から身を守るための自然な反応です。

 

しかし、新しい道を選ばなければ、新しい果実は手に入りません。

 

今の時代、新しい(未知なる)道に進んでも死ぬことはほとんどありません。

 

まあ、お金の面では再起不能になる場合もありますが、ほとんどの場合、生き残れます。

 

自分を縛るもの

自分の足を止めているものはすべて錯覚です。

 

それは自分自身が作り上げた幻想です。

それに囚われて、未来に進めないのはもったいないことです。

 

失敗で失うものよりも、何もしないで失うものの方が多い

だからこそ、普段から新しいものに対する態勢は身につけておく必要がありますね。

 

皆さんはどうお考えでしょうか?

「私たちの疑念は裏切り者であり、挑戦を恐れることで、しばしば得られるはずの利益を失わせる。」

「Our doubts are traitors, and make us lose the good we oft might win, by fearing to attempt.」

ウイリアム・シェイクスピア

 

ブログを通じて、これからも色々な思考や情報を共有していきたいと思います。
皆さんもぜひ、日々の生活の中で多角的な視点を持つことの大切さを感じ取っていただけたら幸いです。


「May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy」

関連記事

  1. 変化させるエネルギー

  2. 他人の行動は自分を写しだす

  3. 何故その行動をしたのかを考える

  4. ロードランナー

  5. 単なる情報として渡す

  6. 断捨離は開運のもと

PAGE TOP