親との関係性

皆さん こんにちは!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

正直僕は両親との関係性は悪くないと思ってきた。

 

まあ、近所に住んでいるし、

若いころからグレていたわけではないので(笑)

 

ただ、親が心配してくれることや

親からのアドバイスを過剰に嫌がっている傾向があるのは事実

 

小学校のころ、野球をやっていたけれども、

正直に二軍だった

 

あまり運動が得意じゃなかったし

しかもレギュラーじゃないから両親が見学に来ても

恥ずかしかった。

 

だから見学に来てほしくなかった

 

「もっと活躍できていれば・・・」

 

そんな感情を抱いて、生きていたのかもしれない

 

大学に入ってもそれは同じ

心配性の両親はたまにアパートにも来てくれていた

まあ、過保護なんだなと思えばそれまでだが

「来なくていい、子供じゃないから」そう言って、拒絶していた

 

過保護な愛情

だから拒絶する

 

しかし、それは本当なのだろうか?

 

実は逆なのだと思った。

 

拒絶し続けるから、両親としては心配になる

 

自分自身を構成するものは両親からの愛情だと聞いたことがある

それが過剰になったり、不足すると

自己信頼に欠けることになる

 

つまり自信が無い

 

正直今の僕はその状態だろう

両親の愛情をストレートの受けきれない

つまりは自分自身を受け入れられていないのと同じ

 

結果、自己信頼が乏しい

 

単に自己分析だけならそれでも良いが、

家庭を持ち、会社も経営していると影響は自分だけでは終わらない

 

周りを幸せにしたい

そのためには自分を変えなければならない

 

何をしたらいいのか?

 

結局は自分を受け入れること

その源泉である両親の愛情を受け入れること

 

まずは「ありがとう」と言って

素直に親の愛情を受け入れることが大切だと思う

 

大人になり、家庭を持ったので

余計に両親とは話さなくなった。

 

自分の心の奥底には

「愛情を貰ってはいけない」

そう思っている自分がいる

 

だから、親の愛情を拒絶する

 

でも、本当は欲しい

 

何故ここまで書くのかと言えば

同じように苦しんでいる人は実は少なくないから

 

自分を受け入れられなくて

自信が無くて苦しんでいる

 

だからそんな心の奥底の〝小さな自分〟を見つめてあげる

そんな自分に許可を与えてみてはどうだろうか?

 

僕は「愛されても良い人間」なのだと・・・

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

▶▶▶『ブレイクポイントを創造しよう!』
▶▶▶『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

関連記事

  1. 自分が見ている世界は・・・

  2. 税理士って素晴らしい職業だな~

  3. 採用もマーケティング

  4. 諫言を積極的に聞く姿勢

  5. 楽して儲けたいですか?

  6. 誰かが捨てたもの

PAGE TOP