嫉妬を受け入れる

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

昨日は所属する税理士会の勉強会でした。

 

「生産性の向上」がテーマ

 

参加していただいた先生方、ありがとうございます。

ダイレクト納付や地方税の電子納税、インボイスに電子帳簿保存法

短時間でしたが、充実した内容でした。

 

少しでもみなさんの事務所が経営がよくなるキッカケなれば幸いです。

 

 

さて、さて今日のテーマは「嫉妬を受け入れる」です。

羨ましい、妬ましいと言う感情

自分がそんな感情を抱く対象は何か?

 

若くして事務所規模を大きくした同業の税理士

お子さんが有名大学に入った

有名人との多数の人脈がある

年収が自分の数倍ある

 

その対象は様々あり、感情に終わりはなく、常に自分にへばりついている。

 

B’zの稲葉さんがインタビューで嫉妬について「止められない感情」と言っていた。

あれほどのスーパースターでも嫉妬心がある

 

つまりは自分に無いものに対する渇望なのかもしれない

 

最近はどこか疲れてきている自分がいて、そんな感情を抱きたくない故に、

人との距離を置くこともある

 

嫉妬の感情自体はマイナスのエネルギー

しかも妬みから相手の不幸を願うなんてことはもってのほか、

 

自分がなぜそう思うのか、感じるのかを俯瞰する

結局は無いものねだり

 

〝今〟に集中していないからブレるのかもしれない

 

生きることに全身全霊をかけていれば、そんな感情は生まれないと

ガンで余命宣告を受けた経営者が行っていた。

 

嫉妬を一歩でも前に進むエネルギーに変換する

自分が頑張るためのエネルギー

人をサポートするためのエネルギー

 

今あるのもに感謝し、そしてより良くするために努力する

自分自身の感情を理解し、それを力に変えることで、

より充実したキャリアを築くことができるではないでしょうか?

May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. 〝これさえあれば・・・〟

  2. マインドマップで思考を整理

  3. 税金の役割

  4. 書類の整理

  5. 謎のマウントオジサン

  6. 凹凸と同じ

PAGE TOP