人の振り見て我が振り直しなさい!!

みなさん、おはようございます。

一宮市で税理士をしている岡田糧(リョウ)です。

現在家内と一緒に広島にいる息子にゴールデンウィークに会いに行く言い訳を考えております(笑)

 

まぁ息子はその点はかなりドライなので

「来たければ来れば」と言っております。

 

まあ親としてもプライドがありますので、

行く理由をどうするのか?

暑くなる前に扇風機を持っていったほうがいいのか?

アパートでいらないものは回収すべきか

旅行で近くに来た

などと言い訳を考えております。

 

まぁ何も深く考えずに会いに行けばいいんでしょうけれども、

そこはやはり親とは面倒くさい生き物ですね・・・(汗)

 


さてさて、今日のテーマは「人の振り見て我が振り直しなさい!!」です。

以前取引のあったお客様から相談がありました。

 

今は訳あって、取引はしておりませんが、たまに相談の連絡がある関係です。

 

先日税務調査があり、現在顧問している税理士の対応内容に不満があるそうです。

 

その愚痴を聞いている中で、

途中から自分のことを責められているようで非常に反省しました。

 

その会計事務所の担当者は、

税制改正の情報を知らなかったようで、経理処理が誤っていたようです。

 

まあ、結構マイナーな改正だったので、あまり気にしていなかったのかもしれません・・・

 

したがって、結果的に修正申告ということになりましたが、

その説明に代表の税理士さんがきたのですが

内容に納得がいかなかったようです。

 

話を聞いていると、ミスそのものよりも、

コミュニケーション自体、特に代表税理士とのコミュニケーションに問題があったようです。

 

とは言うもののやはり、

税理士として「知らない」はお客様にとって受け入れがたい理由だと痛感しました。

 

もちろん万能な税理士は稀ですし、その先生を否定するわけではありませんが、

人の振り見て我が振りを直すということわざの通り、

自分自身が今のままでは駄目で、少しでもレベルアップできるように、

勉強を怠らないようにしようと固く決意しました。

 

ということで、今日から初心に戻って研修動画を視聴しております。

(まあ、自分で言うことではありませんが)

 

幸い僕ら税理士に定年はありませんし、平均年齢は60歳近いです。

まだまだ、努力できる(すべき)時間はありますので、

地道に歩き続けたいと思います。

 

「他人の生活から教訓を得よ。」 古代ローマの哲学者セネカ


May you find yourself on cloud nine today, filled with happiness and joy

関連記事

  1. ITEZA

  2. もし、弟だったのなら

  3. 『伝えること』と『伝わること』

  4. 自己満足に浸っていないか?

  5. 常識ってなあに?

  6. ひたすら磨き続ける

PAGE TOP