条件を設けること


皆さん こんにちは!

一宮市で税理士をしている岡田糧です。

 

バタバタしているうちにお盆休み突入です!

 

基本的には11~15日までです。

 

ただ、なるべく急ぎのメールは対応したいと考えてますが

 

ひょっとしたら

 

万が一ですが、

 

海外にいる可能性がゼロではありませんので、

その時は返信が遅れますので

あしからず。。。

 

今のところ日本にいますがね(笑)

 

さて、今日のテーマです。

↓↓↓

僕は債務超過になっている企業や

立ち行かなくなった企業を見ると

無性に救いたくなります

(偉そうですが)

 

たぶん、ほとんどの人がそうだとは思いますが

僕の場合は、条件を設けずに

その企業に関わることが多いです。

 

自分一人で事務所をやっている場合ならそれでも良いのですが、

やはり人を雇っているのであれば

事務所経営も考えなければなりません

 

あまり良くありませんが、

生産性をを考えて、大幅にマイナスになるようなら

手を出さない

 

それは対象企業のP/L(損益計算書)ベースで判断する

現在の営業利益が努力次第でプラスになるのか?

それを経営者がやりとげる覚悟があるのか?

今までは僕が、

「何が何でもやりきりましょう!」

そう言って、応援していましたが、

一番大切なことは、

経営者本人が約束できるかどうかです。

 

結局何が言いたいのかと言えば

自分自信に過信していたということです。

 

「僕ならできる」

「誰でも救える」

「どんな企業でも」

 

でもそれには限界があります。

一時的に良くなっても、

その経営者が変わり続ける努力をしなければ

業績は元に戻る

そしてこちら側も疲弊してしまう

何事も自社が安定して初めて

相手が救えるのかもしれません。

 

5年という短い期間ですが、

それ相応に努力をし続けて

導き出した答えは

 

「条件を設ける」

 

自分の力を知って

そこで初めてベストを尽くす

 

それでこそ、初めて結果が出るような気がします。

 

それでは今日も絶好調に生きましょう!

(Let’s be on cloud nine today !)


以前のブログ 楽天BLOGをご覧になりたい方はこちら

▶▶▶『ブレイクポイントを創造しよう!』
▶▶▶『発行者 岡田 糧 プロフィール 』

プロフィール

関連記事

  1. 奢れるもの

  2. 解釈装置のアップグレード

  3. 他者の経営資源を活用してみましょう

  4. 挑戦できた自分

  5. Reply in 1 minute

  6. 税務調査

PAGE TOP